男の本音

30代、40代男の性欲とその気にさせるちょっとしたコツ

投稿日:

30代、40代の男のその気にさせるコツ


このコラムは、夫や彼(オス)の習性を利用して、少しでもその気にさせる、ということを考えて書いています。いや、その気にさせる、というよりは僕ら男(オス)を少しでも理解してもらう、ということについて書いています。


正直、このコラムを読んだからといって、今すぐに夫・彼の気持ちが100%君に振り向くかは分かりません。でも、このコラムを読んで「やっぱり男ってちんぽだな〜」って、少しでも気持ちが楽になれたら幸いです。


その前に、恐ろしいくらい長文ですが、僕ら男の深層心理のコラムを書いてます。寝る前とかに暇つぶしで読んでもらえると幸いです。


>男の深層心理コラムです

男の性欲


あくまでも、オス目線の本音として伝えてるから、理解できない部分があると思うけど、「男ってそうなんだ」って感じでとらえてもらえると嬉しいかな。


そんで、夫や彼をその気にさせるコツ


シンプルで単純で、当たり前のことだけど、とても威力があって効果も期待できる解決策があります。


それは「相手(オス)のことを考える」ということ。


相手のことを考えるってことは、つまり、相手の好みを真剣に考えることなんだ。


男が何をしたら喜ぶのか?何をされたら嬉しいのか?または、何をしたら嫌がるのか?


前のコラムでも伝えたけど、オスは獲物を狩る生き物だから、常にメスを追いかけたい衝動があるって伝えたよね。


そのオスとしての本能を起こしてあげることが大事です。


本来、君を追いかけるであるために使うべきであった、眠っている「オスの本能」を呼び覚ましてあげる。


で、男が欲情するツボみたいな好みは人それぞれあって、彼が喜びそうな好みは君がよく知ってると思う。


例えば、髪型はロングが好き、だとか、ショート好みとか、好きな芸能人はどういうタイプなのかとか・・・


そういう、細かいテクニックというか、技術というか、、、、


そういった細かなテクニックは、料理の最後に塩コショウなどで味を整えるようなもで、そういう表面上のテクニックは書籍や他のサイトでも紹介されてるから、このブログではもっと男の本質的なことを伝えていくね。


それで、夫や彼の好みを真剣に考えるってことは、どういうことなのかというと、まずは、自分自身をひとつの商品として男にどう見えてるのか?ということから考え始めることが重要なんだ。


なんだか、「商品」っていうと抵抗があるかもしれないけど、付き合い始めの頃を思い出せば簡単だよね。


付き合い始めは、お互いに相手の好みが気になって、いかに自分に目を向けてもらえるかを真剣に考えてる時期だからね。


デートでも洋服や髪型に気をつけるし、立ち居振る舞いも良い意味で「演出」するはず。


好きな人に何をしたらその人の笑顔が見られるのか?を真剣に考えたんじゃないかな?


自然界の鳥のプロポーズでも、メスはオスの気を誘うために綺麗に魅せるし、オスも自分の羽の美しさや力を、いかにメスに魅せられるかを努力してるよね。


夫や彼がどういう仕草が好きなのか、どういう言葉使いを喜ぶのか、立ち居振る舞いや所作を真剣に考えること。


それには、オスがどういう生体でどういう考え方で行動するのかを理解してることが大事です。


男の思考回路は、何を基準になってるのか?


前のコラムでも話したように、男の脳は基本的にエッチなことばかり考えてるんだ。


いや、考えてるって表現は微妙に正解じゃないな?


ん~~、なんて表現したらいいんだろう。


考えてるっていうより、引っ張られてるって言った方が男的に近いかな?


女性の君には《引っ張られてる》っていう感覚はわかんないと思うけど、オスは常にエッチなことに結びつけて考える思考回路がある。


自分自身の遺伝子を、少しでも多く残そうとする本能みたいなものかな?


女性の場合は、妊娠、出産、子育があるから、オスのように常に遺伝子を残そうとする思考回路のスイッチが入らないようになってるんだと思うよ。


その前に、自分と子供を守らないといけないからね。


オスは妊娠、出産ということがないから、我が子を守るということを後から学習したり、自分と「似てる」という共通点を感じ取ることしかできないんだよね。ある意味、それって悲しいことじゃないかな。


だから、「母は強い」


話が少し逸れてきたけど、そもそも、遺伝子を残すということ自体がエッチなことではなく、当たり前の行為なんだよね。その遺伝子を残すセックスという行為を「娯楽や快楽」まで高めた?人間からするとエッチになるのかもしれないけど、生き物してセックスはエッチではなく交尾。


その、どうしようもない、僕ら人間がエッチだと思い込んでいる原始脳に、僕ら男は引っ張られてるんだ。


ちょっと、分かりづらいかな?要するに、自分の遺伝子を少しでも多くこの世に残そうとする本能に操られてるってこと。


原始の「交尾脳」が遺伝子を残そうと思考の中心にあるんだけど、今はセックスは単なる遺伝子を残すための交尾じゃないから、僕ら男の中でも一種の矛盾を孕んでいるんだ。


男の思考の源は、この原始の時代からの遺伝子を残すための交尾脳と、快楽を求めるためのセックスする享楽脳との間で、一種の矛盾を孕みながら無意識に行動してるんだね。


だから、男の愛は常に矛盾を含んでいるし、おかしな点がいっぱいある。


浮気をするときの男の脳は、原始の交尾脳と快楽を求める享楽脳の利害が一致した時に浮気は起こるんだ。だから、愛する人がいるのに、「遺伝子を残す」、という大義名分が無意識にあるから、女性に比べると浮気をすることに抵抗がないんだね。


それから、妊娠と出産をしないということも大きいと思う。


また、得意の原始脳???


って、思ったかもしれないけど、しょうがないんだ。


ほんと、男ってバカなんだけど原始脳から逃げられない人生なんだよ。


オスの本能を理由にして、逃げてるって言われると何にも反論できないけど. . .ごめんなさい。


でね、そのオスの中には淡白なタイプもいるし、「いや、俺は違うよ!エロなんか考えてないよ!」って反論する男もいると思う。


でもね、実際に行動には移さないまでも、頭の中はエッチな妄想が渦巻いてるかもしれないってことだし、そもそも意識の表面には現れないから、多くの男が自分でも気がつきにくいんだ。


でも、男は男がいかにすけべで危険かって知ってる。


頭でエロいことを妄想することは、男としてすごく健全なことだと思うし、当たり前のことだと僕は思う。


つまりね、40歳を過ぎても性に対する関心ごとはさほど頭の中では変わんない。


でも、体は確実に40を境にに大きく変化してるし、衰えてきてる。


これほどまでに変化する身体と年代に戸惑いさえ感じる。


悲しいけど、僕たち男は勃起しないとセックスができないようにできている。


セックスの時だけ頭と体の違いをはっきり自覚するんだ。


いや、これは全ての年代の男に例えられるかな。


極度に緊張してたり、ストレスで精神的に落ち込んでいたり. . .僕らのおちんちんは脳と直接繋がってるから頭の中に少しでも不安な材料があるとセックスはできない。


っていうか勃たない。


また、その勃たないという体のことを君に知られたくないとも思ってる。


男って、やっぱり勃起っていう体の変化に、すごくこだわる生き物だよね。


動物としての本能が、遺伝子を残せないことに強く反感を抱いてるのかな。


だから、男ってすぐに男同士で大きいとか小さいとか、おちんちんの大きさの話をしたがるじゃない?大きい方が自慢、みたいな・・・


おちんちんって、それぐらい僕らオスの象徴でもあるんだよね。


なんだかマヌケな話をしてるのに、おちんちんひとつで、原始から現代までの、オスの進化論的な壮大な話にもなりかねない^^;


どっちにしろ男って、単純でマヌケな生き物なんだけどね。


それと、どんだけチンポに囚われてる生きもんのかって。


じゃあ、なんでセックスッレスになるの?


どうすれば、夫や彼をその気にさせることができるの?


ってことだけど、長年一緒に暮らしていると徐々にセックスは減っていくよね。


これは、色々なことが絡み合って単純な理由ではないけど、お互いに思い合う心が減ってきて『男』と『女』というポジションを演じられなくなって来るんじゃないのかな。


やっぱり男と女って超えてはいけない境界線みたいもんがあって、その線をまたいじゃうと、男と女の関係が崩れてきちゃうんだと思うよ。


境界線って何?


って聞かれちゃうと困っちゃうけど、『男』と『女』のテリトリーみたいなものかもしれないね。


今の時代は男女平等だからそんなテリトリーとか役割とかおかしい!差別だ!


って怒られちゃうかもしれないけど、やっぱり男と女は目にめえない役割みたいのがあって、それに惹かれ合うのだと思うよ。


そういったお互いの違いを認め合って、きちんと歩み寄ろうとした瞬間に恋に落ちるのだと思うし、エッチしたくなっちゃう。。


それは、たった一回のセックスだって同じだと思うんだ。


回数なんて関係ない。


男と女が役割を確認しあって、違いを認めようとしたときから、セックスは始まるんだよね。


それは、何気ない雑談だったりするかもしれない。


そうやって認め合うことが、すごく大事なんだ。


君は僕が持ってないものを持ってる、だから強く惹かれちゃう。


それは、なんでもないことかもしれない。


前のコラムでも話したけど、僕ら男がもってないツルツルした柔らかい肌だったりもする。


また、君の声かもしれない。


僕ら男はセックスを目でする生きものだから、自分の好みの『形』に異様な興奮を覚える。


だから、アクセサリーをいっぱいつけてるファッションより、何もつけてない体のラインがくっきり浮き上がっている洋服に興奮する。


僕ら男の頭は引き算思考。


君たち女性は足し算思考。


あっ、これファッションの話ね。


だから男ってシンプルを好むでしょう?


女性はそれとは真逆で、どんどん着飾ってオシャレを楽しむ生き物だと思う。


アクセサリーやネイルやメイクとか。


僕ら男にはリボンとかフリルとか意味わかんない。


でも、それがいいんだよね。


そういう男が持ってない感覚を持ってることが、とてもかわいいと思っちゃうし、すごく愛おしくも思える。


だから、最初に伝えた、自分自身を客観的に見つめて、パートナーの好みを真剣に考えてみることが重要になってくるんだ。


だから、僕ら男が持ってない可愛くてギュッてしたくなるような感覚をずっと持ち続けて欲しい。


それと旦那さんや彼を『ドキっ』って思わせるには、結果的に周りの男もドッキってさせるぐらいの、オスの本能に直接訴えるような仕草や色気などを研究しなければいけないと思う。


それは、僕ら男も君たち女性にいつまでも男として頼られるように努力しなければいけないね。


でも、夫や彼を追っかけてはダメだよ。オスは追えば逃げるからね。


オスは獲物を狩る習性があるから、女性を追いかけたいんだよね。


つまり、恋愛って、ある意味オスにとって狩りと一緒。


男は女性を見るときに、引き算思考で見ちゃってるとこがあるから、羽織ってるものを一枚脱いでみるとか、いつもよりボタンをひとつ開けてみるとか、そんなことでめちゃくちゃドッキとしちゃう。


また、洋服だけじゃなくて、行動も少しだけ一歩引いた感じを演出すると、男はそれを『しなやかで優しい振る舞い』だと感じるから確実にやられちゃうこともあるんだ。


僕らオスは、男が持ってない「形」で興奮するから。


男が遺伝子を残すための交尾脳と、快楽を求めるための享楽脳との二つの脳に支配されてるのか、ってことを知った上で、細かいテクニックをさりげなく日常の中で「形」として見せること。


オスは、自分の興奮する形を目で見て、追いたくなるからね。


★★★ 追伸


で、結局コツって何ですか?


って言うと、「追いかけない」で、自分自身に投資して、どんどん綺麗になっていくこと、かな。


できれば、じゃんじゃん外に目を向けること。


地元のヨガ教室やピラティスに通っても良いし、料理や英会話を習っても良いと思う。


ブログを始めても良いし、SNS的なもので日常を書き綴っても良いよね。


そこから何か出会いがあるかもしれないし、ないかもしれない。それはどちらでもかまわない。


服を買いに行っても良いし、ファッション誌を購読し始めても良いと思う。


メイクを変えても良いし、髪型を変えても良いし、ネイルサロン?的なとこに行っても良い。


もっと平たく言えば、夫/彼(男)が知らない君だけの世界を築いていくことで「嫉妬させる」こと。


この嫉妬という感情はマンネリ化したパートナー間の関係にはすごく大事で、時々「嫉妬」と言う感情を起こしてあげることも重要だと思うよ。


嫉妬という感情が、安心しきっている「夫」からオスに変えるスイッチでもあるんだ。


夫をその気にさせたいのなら、「夫を眼中に入れないこと」


文字で伝えるのは難しいけど、君が勝手にどんどん綺麗になっていけば、男は追いかけたくなるってこと。


だから、夫や彼に振り向いてもらうには?


男に気に入ってもらうには?


ということを考えるのではなくて、


可愛い服を着るには?とか、バッグやアクセサリーが似合うには?


と言うことを考えて、そのような行動に移して楽しんでいると、勝手に男は引っかかります。


そういった微妙な変化に僕らオスのアンテナが気がつくんだよね。


「何か最近、活き活きしてて綺麗!」って。


一人の人間としての魅力に惹かれ始める瞬間なんだね。


なんで最近、活き活きして綺麗なんだろう?っていう夫が知らないミステリアスな部分にオスの本能が気がつき、支配したい!と思わせるのかもしれない。


そう考えると、支配したいと思うオスの本能のスイッチが入るというもの納得いきます。


やっぱり、男と女の違いを意識して、どんどんお洒落をして綺麗になっていけば良いと思うよ。


おすすめかも

脱毛器で綺麗な体へ 1

体毛を薄くさせる、家庭用脱毛器について これからご紹介するコラムは、美顔器付きの家庭用脱毛器についてです。 特に、エチケットを意識することで、内側からもキレイになり、自分を変えたいと思ってる女性の方、 ...

男の深層心理 2

男の深層心理(セックス観,恋愛観) 男の深層心理は、女性には決して分からないかもしれません。 だけど、男はたった一つの原則で行動しています。 と言ったら大袈裟になるかもしれませんが、女性には理解できな ...

男をその気にさせるコツ 3

30代、40代の男のその気にさせるコツ このコラムは、夫や彼(オス)の習性を利用して、少しでもその気にさせる、ということを考えて書いています。いや、その気にさせる、というよりは僕ら男(オス)を少しでも ...

男心と本音のフランス映画 4

映画で見る男の深層心理と本音 1970年代『リヨンの男たち』と呼ばれフランスに実在したギャング、エドモンド・ヴィダル(通称モモン)の自叙伝をベースにした男の本音や男心といった男のディープな深層心理が詰 ...

-男の本音
-

Copyright© ちんぽ脳  おとこの深層心理と本音(オスとしての考え方)とセックスレスの解決策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.