男の本音

40代の男の性欲とセックスレ解消法とは?

投稿日:

夫(旦那)とのセックスレス解消法

男の性欲



夫や彼がセックスレスになるのは、大きく分けて2つあると思います。


1、夫(旦那)がセックスをしたくなくなった。

2、ED(勃起不全)になってる。


まず最初に伝えておくことは、男の頭の中は女性の君が想像できないくらいに、『性』のことで埋め尽くされてるってことです。



性に関する興味は、思春期の男の子とあまり変わらないと思うよ。



もちろん、年齢を重ねることによって、いろんな事を経験するから、性に関心を持ち始めた10代の少年のように、常に頭の中はエッチな事で埋め尽くされてるわけではない。



社会に出て、いろいろな経験を積んでいく上で、趣味や関心ごとの幅が広がってきます。



その中で、性に関する優先順位は、どんどん低くなっていきます。



また、30代や40代って体力的も徐々に落ち始める年代だから、気持ちはエッチでも身体がついてこない場合もある。



特に、40歳を境に1年1年の身体の変化には驚いてるはず。



おまけに40代って、仕事的にも大事なポジションを任せられる年代でもあるから、忙しくなるんだよね。



精神的にも肉体的にも、より多くの事を求められるから、疲れが溜まりやすくなるし、身体的にも精神的にも回復は遅くなることもあります。



ただ、仕事にやりがいを感じ始めるから、性的な関心の優先順位が低くなることも事実。



ただ、これは下がるというより、本人は気がつかないって言った方が良いのかな?


と、言うより、僕らオスのセックスは、勃起しなければできないようになってる。


その勃起っていう行為が、精神的にも肉体的にも、けっこう負担をかけてる行為なんだよね。


勃起するって、すごくデリケートでエネルギーを必要とする肉体の変化。


だから、ハードな仕事の中で知らず知らずのうちに、集中力を仕事に向けさせてるのかもしれない。く


10代や20代、30代のように、100パーセント近くセックスに体力と気力を使っていた年代とは違って、仕事的に大事に時期だからこそ、セックスの順位を無意識に下げてるんじゃないかな。


また、職場でも派閥や利権争いや出世といった社内政治に巻き込まれたり、下の世代と上の世代から突かれていろんなプレッシャーを受けやすい年代でもある。



そんで、文字通り板ばさみ状態っていう状況だったりするから、精神的にもかなりまいってるかもしれないのが40代。



こういった多くのことが複雑にからみあって、精神的なストレスや軽い鬱のような感じになって、それがセックスレスの原因にもなっちゃうこともあるんだね。



セックスレスの原因は、夫婦の数とその男女の心の数だけあります。だから、いろいろな動機や理由が複雑に絡み合って、「これが原因です。」ていう単純には言えない部分もあります。


しかし、男の頭の中は、常に獲物を追いかけたい衝動を持ってる、というとてもシンプルな構造です。


期待やタイミングが合えば、女性と肉体的な関係になることを望んでいるという部分もあります。


忘れてはいけないのは、僕らオスの原始脳は、自分の遺伝子を残すように獲物を狩るようにセッティングされてるってこと。


セックスレスでも、仕事がどんなに忙しくても、精神的にまいっていても、僕らオスの頭の中の、「エロ」は消えてないのです。


では、なぜセックスレスになるのでしょうか???


子供が生まれて、パパとママになった

子供がうまれると、生活の全てが子供中心で動き出します。


特に、ママは大変です。自分の時間を削って、子供を守らなければいけないというホルモンが身体中に分泌されて、子供中心の思考回路になるのではないでしょうか。


女性の身体の変化は体験できないから、あくまでも一般的な想像でしか言えません。また、女性ホルモンの変化で、産後は性欲が減ってくるというケースもあります。もちろん、逆のパターンもあると思います。


そういった、とても忙しく大切な時期に、夫からのセックスを断ったのがきっかけになり、セックスレスになってしまった夫婦の例もあります。


こういったケースは、男の勝手な都合であって、女性にはなにも悪いことはありません。


これは、セックスを断られたことが、「男のプライド」を傷つけられ、自分を全否定されたと勘違いしてるだけです。


こういった場合の対処法は、面倒かもしれませんが、夫に女性の身体の仕組みと変化を教えてあげることが大事だです。


その上で、「あなたの力が必要だから、私をサポートして欲しい、私をサポートできるのは、あなただけ」というふうに伝えること。


オスは、「あなただけ」という、見られ方に弱い生き物です。


「男のプライド」をくすぐるような、フレーズに弱いです。そして、それを言われると、「まかせて!!」っていう気持ちになってきます。


僕ら男は、女性の体がいかに繊細でデリケートな作りになっているのか、または、女性ホルモンがいかに大切か、ということを教わってこなかったから分からないだけです。


女性ホルモン、という言葉さえ知らない男性も多くいると思います。


男性の「無知」からくる、セックスレスは本当に多いと思います。面倒かもしれないけど、優しく教えてあげることが大事です。そういった中で、夫婦のコミニケーションは深めながら、少しずつ夫を教育していくことも必要だと感じています。


ママは大変だと思うけど、そういった時期を乗り越えられるから、二人がお互いをパートナーとして選んで、出逢ったのだと思います。


そして、もうひとつセックスレスになる原因の一つが、お互いを「パパ」「ママ」と呼ぶこと。


これは、けっこうセックスレスになる原因としては大きいです。


お互いを名前で呼び合わないのは、男と女として意識できなくなっていきます。つまり、人生という戦場?でいっしょに戦う、仲間・同胞です。もう男と女ではなくなってる証拠。


家族や仲間という感覚も大切ですが、「男」と「女」というスリリングな要素を含んだ感覚も夫婦間には大切ではないでしょうか。


出逢った頃の、ドキドキやハラハラ感は、セックスにはとても大切。


特に、僕ら男のセックスにはドキドキは重要です。それがないと勃起できませんから。


ドキドキを「興奮」という言葉に置き換えてもいい。


その「ドキドキ」は、名前をが持つ不思議な力のひとつでもあります。


名前を呼びあうことから「男」と「女」が始まることもあります。


いまさら、恥ずかしいかもしれないけど、二人きりになったときは名前で呼んでみてください。最初は「さん」付けでも良いと思いますよ。


また、昔の友達の話から始めて、友達の名前を連呼するのに合わせて、さりげなく夫を名前で呼んでも良いし、思い出の音楽を聴くのも、雰囲気つくりには良いです。


僕らオスは、勃起と射精が行動の源って話したの覚えてる?



おちんちんって、君には感覚的に分かんないと思うけど、自分の『興奮できる形』を見たり想像したりすると自然と勃っちゃうんだ。



勃起っていう行為は100%精神状態に左右される。



これはたぶん、体が大きくて力のあるオスが、いつでも誰とでも好きなだけセックスすることをできないようにした、身体の仕組みだと思う。



そうじゃないと危険だよね。



射精すると気持ちも一気にクールダウンする。



そういった太古のオスの原始脳に、オスの勃起っていう行為は支配されてるんだね。



だから職場で、かなりのストレスや、心配事と絶えず向き合っている40代の男は、神経もすり減っている。



だから、セックスに関心がなくなってきちゃう。



関心がないというより、今まで興奮してきたレベルの刺激では興奮できなくなってるんだと思う。



それに男は、大人としてのコミニケーションができない幼稚でわがままな『永遠の園児』って言ったけど、そのこともセックスレスの原因ってことでもあるんだ。



どうゆうことかと言うと、男って女性に褒めて欲しいんです。「よし、よし、頑張ったね、君は偉いよ。」って頭をなでなでして欲しい。



仕事場で、こんなに辛くて頑張ってるから、家に帰ったら『わがままな子供』に一時的になりたいんだ。



そのわがままなお子ちゃまを、優しく包んでくれる母性と笑顔を求めてるんだよね。



それができるのは君しかいないんだよね。



だから、二人は結ばれたのです。



そうやって笑顔で接していると、無意識に君の前では安らぎを感じるようになるよね。



君の前では安らぎを感じると心に余裕ができるからね。



そうすることで、少しずつ君を女として見られる心(余裕)のスイッチが入ってくる。



でも、これは中途半端な母性や笑顔じゃできない。



中途半端な接し方をしてるとバカバカしくなって、怒りを覚えちゃうからケンカになります。男がバカに見えて・・・



せっかく、仲良くなろうとしてるのにケンカしたら意味ないよね。



どちらかといったら介護に近いかもね。



それか. . .ベビーシッターに近いのかな . . .



それぐらいに見てあげると、男ってちょうど良いぐらいだと思う。



毎回言ってるような気がするでど、男ってほんとアホだよね m(_ _  ;)m



だから、生半可な愛ではできないと思います。


ホタルが暗闇の中で一気に灯りをともすように、人の心もホタルの灯りのように繋がります。



いっせいに、こころの灯りがついちゃうんですね。



だから、夫と夫婦生活を取り戻したいと思ったなら、辛くて困難な道かもしれないけど、一歩ずつ歩んで行くしかないんだと思う。



それが、相手からの一方的なセックスレスならなおさら。



でも、自分を変えることって、自分を傷つけてまで変える必要はないってことを覚えていて。



必ずどこか息抜きができる『場所』なり『事』なりを持っておくことが重要です。なければ見つけるように意識する。



自分なりの『楽しい』を探すって、とても大切です。



変な言い方かもしれないけど、エアー恋愛でもかまわない。



恋愛って相手を意識することから始まるから、『見られる』という意識が働いて、身体の中からどんどん美しくなっていきます。



恋愛って、そういうパワーがあると思います。



本気でも、擬似恋愛でも、誰かを思う気持ちはその人を内側から輝かせます。そして、他人を意識することで、どんどん細胞も若返っていくんじゃないかな。



話が逸れてきたけど、わがままなお子ちゃまを支えようと思ったら、それと同じくらい自分も支えることが重要です。



自分を支えることができなかったら、誰かを支えることってできないからね。



まずは自分を助ける。



自分でいることを楽しめないと、夫を楽しませることはできない。



どうやって楽しむのか?


夫を愛してる、じゃなくて夫に恋してる?



極端に言えば、相手を変えずに自分の考え方を変えていくって、相手に片想いできるか?



ってことだと思います。



出逢った頃に戻って、もう一度、彼に片想いできる?



一秒でもいっしょにいたい。



早く逢いたい。



彼のためにしてあげたい。



片思いって一方的に、片方が相手を想い慕うこと。



恋をしてると、女度が上がってくるから、どんどん輝いてくる。顔の表情ひとつとってもすごくイキイキして輝いている。



そういう些細な変化に、オスの本能が目覚めてくるんだね。



そうやって夫に片思いをすることによって、夫が、パパから男に『自ら変わっていく』んだと思う。



片方を想い慕う『片想い』ってすごいちからです。



きっと君にしかできない。



夫からしたら、他の誰でもなく、本当に信頼している妻から片想いをされたいんです。



そういう二人が同じ時代に生まれて、いろんな奇跡や偶然が重なって出逢ったんだと思います。



40代の男って、いろいろなことで揺れ動いていて、それを倒れないようにしっかり支えられるのが、君しかいないんだよね。



夫を最高に興奮させられるのも妻です。



夫が女に求める理想の身体も君の身体なんだ。



だから夫婦になっただと思います。



結局さ、セックスって裸を夫に見せること。



夫が勃起できる裸してる?



いつでもセックスできるように、裸の準備はしとくことが大事だよね。



夫から女として求められるには、自分の身体を『オス』がより興奮できるような準備が必要。



セックスって、ありのままの裸をさらけ出すこと。



夫に片想いができる君ってとても魅力的で可愛いよ。


本当に夫を勃起させることができるのは、君だけなんです。


おすすめかも

脱毛器で綺麗な体へ 1

体毛を薄くさせる、家庭用脱毛器について これからご紹介するコラムは、美顔器付きの家庭用脱毛器についてです。 特に、エチケットを意識することで、内側からもキレイになり、自分を変えたいと思ってる女性の方、 ...

男の深層心理 2

男の深層心理(セックス観,恋愛観) 男の深層心理は、女性には決して分からないかもしれません。 だけど、男はたった一つの原則で行動しています。 と言ったら大袈裟になるかもしれませんが、女性には理解できな ...

男をその気にさせるコツ 3

30代、40代の男のその気にさせるコツ このコラムは、夫や彼(オス)の習性を利用して、少しでもその気にさせる、ということを考えて書いています。いや、その気にさせる、というよりは僕ら男(オス)を少しでも ...

男心と本音のフランス映画 4

映画で見る男の深層心理と本音 1970年代『リヨンの男たち』と呼ばれフランスに実在したギャング、エドモンド・ヴィダル(通称モモン)の自叙伝をベースにした男の本音や男心といった男のディープな深層心理が詰 ...

-男の本音
-

Copyright© ちんぽ脳  おとこの深層心理と本音(オスとしての考え方)とセックスレスの解決策 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.